2019年6月28日

2016年度新卒入社 佐伯 一馬

これが私の仕事3Dプリンターの設計開発、総務人事業務
私の仕事は「3Dプリンターの設計開発業務」と「総務人事業務」の二刀流です。 
3Dプリンターの設計開発業務では新モデルの開発から設計、販売までの一連の流れをさせて頂いてます。 
中小企業の利点を活かし、お客様それぞれの使い方にマッチングしたマシンのカスタマイズ、販売方法、モデリングの講習など「ただモノを売る」のではなく「お客様にマシンを最大限フル活用してもらう」ことを意識しながら業務を進めています。 
総務人事業務の方、特に採用関係のことですが学生の皆様に寄り添った採用活動が出来るよう意識しています。私達は選考活動を行いますが、学生の皆様も私達に対して選考活動を行っています。それを踏まえ数ある会社の中から弊社を選んでいただくために熱意を持って、素直に会社の魅力を伝えることを意識して仕事をしています。

一番うれしかったこと

自分が思ってたとおりにマシンが動いたとき!
私は入社1年目の終わりに新型のマシンの設計を任されました。 
研修でCADソフトの使い方は一通り習っていたので、形を作ることは割と容易にできましたが、完成形をぼんやりとしかイメージ出来なかったため修正の効きにくいデータになったり、計算に時間がかかったりと色々と苦労しました。 
しかしやっている過程で自分のスキルが上がっていくのが実感でき、またそれにともなって出来上がってくるモデルがより鮮明になっていく過程は爽快でした。 
そしてCAD上で組んだマシンを現実で組んで実際に動かし3Dモデルを出力できた瞬間は本当に嬉しかったです。 
覚えることが多く大変だと思うことも有りますが、思い通りに動いてくれたときは大きな達成感があるので、その達成感を味わうためにも自分のスキルを上げていきたいと思います。
私がこの会社を選んだ理由

手に職!樹脂を扱ってみたい!雰囲気がいいとこが良い!あと休みも、、、
この4項目は私の企業選びの基準でした。 
私は文系卒ですが研修が丁寧だったおかげで、CADという特殊スキルをある程度習得する事が出来ました。 
また製造業のお客様とのかかわり合いの中で当然樹脂に対しても多少の知識は得ましたし、それに伴う加工方法やセラミックなどの他材料の知識もある程度覚えることが出来ました。 
後半の2項目は面接の際には言わないようにしていましたが誰しもがそうだと思います。 
実際入社してみて社内の雰囲気は良いですし、休みも書いてある通りしっかりあります。むしろ有給なんかは取らないと取りなさいと言われ、逆に驚きました。 
入社してから「そんなの聞いてない」とか「書いて有ることと違う」ということは無いので私も今説明会をさせて頂く立場になって、入社してからを考えた話をするよう心がけています。

就職活動アドバイス社会人になってから会社に対して不満を言っている人、皆様の周りにたくさんいると思います。その不満は会社への不信感によって生まれます。特に新卒入社の場合は、学生時代に聞いていた会社像と実際の会社へのギャップから生まれることがほとんどです。忘れないでほしいのは会社と学生は対等であり学生も会社を選ぶ権利があり、入社するのが目的ではなく入社後の人生を描ける会社を選ぶことが就職活動の目的だと私は思っています。 
就活は一度きりなので頑張って下さい!